日本の遺産相続における法定相続人についての基礎知識

外国人の皆さんの相続対策

外国人の皆さんで遺産相続について知識があるという人は少ないでしょう。
実際、日本国籍を取らずに亡くなられた方では、死後の財産処理をどうするか、遺産をどうするかといった時に始めて相続に関する情報を、集めるという人がほとんどです。
しかし現在、遺産相続に関する問題は数多く発生していて、問題となる前に正しい知識を身に付けておきたい所です。
そこでここでは遺産相続に重要なキーワードとなる、法定相続についての基礎知識を説明します。
まず大切なことは遺産相続に関しては誰が相続人となっていて、その指定された人が遺産を相続するかどうかを決めて、遺産をどのように分割するのかを話し合う必要があります。
そこで重要なポイントとなるのが遺言書です。

日本の法律では遺言書を重視します

遺産の分割などの記載がある場合には民法上の、規定よりもこちらを優先します。
それは遺言書を作成した人の、意思の尊重を重んじているからです。
そしてこの遺言書がない場合には法定相続人に、民法上に定められた分割方法での相続が実行されます。
この法定相続人とは民法で決まっている、相続出来る範囲と順位の中にいる人ということになります。
もちろん婚姻関係にある配偶者には、相続人としての資格があります。
その他の血のつながりのある相続人には、優先順位が定められているのです。

相続順位を確認しておきましょう

順位として一番優先されるのが配偶者で、その次が直系の子供や孫です。
この場合婚姻関係にない状態でも、認知されていれば相続人にはなれます。
この順位の相続人がいない場合には、直系の親等がなることになります。
そしてその次が兄弟や、姉妹ということになります。
その兄弟や姉妹がいない場合には、甥や姪に優先順位が渡ります。
法定相続人の中で孫であったり甥や、姪が相続することを代襲相続と読んでいます。
正しい知識を身に付けておくことが大切なことなので、頭に入れておくことをオススメします。