相続税と税金対策(生前贈与、教育資金贈与など)について

改訂された相続に関する税金

滋賀県野洲市御上神社手洗場の桶相続税の基礎控除額は本年度より前年までの6割にまで縮小され、お金持ちの人に限らず一般の人たちも直面する話となっています。
税法の改正前では約4%程度の人が直面する問題でしたが、改正により約6%程度の人が直面することになると予想されています。
特に東京や大阪といった都心で戸建の家を持っていると相続税の対象となる可能性が高いです。

不動産相続が最も争点となります

戸建てなどの不動産をもっていて、現金が少ない場合には最も問題となります。
税金は現金で納付しなければならないため、支払う現金が無ければ相続する不動産を売却したりして現金を捻出する必要が出てきます。

生前贈与という節税方法

税法の改正により住宅に関しては緩和措置の適用範囲が拡大されています。
資産を現金でたくさん持っている人にお勧めなのが生前贈与になります。
一年のうち110万円までは贈与税がかからないので、生きているうちに孫なども含め毎年範囲内の額であれば税金がかかることなくお金を残していけることになります。

孫への教育資金贈与も人気です

最近話題となっている孫への教育資金贈与ですが、1,500万円まで教育のために使うのであれば非課税になる制度です。
しかし30歳までに使い切らないと残った分は課税対象となることと、使ったお金が教育のために使った証明書を提出する必要がありますので、あまり使い勝手が良いというわけではありません。

相続時には相続人はそれぞれ法定相続分の取り分がありますが、それでももめることは多々あります。
そうならないためにも被相続人に遺言書を書いてのこしてもらうことが一番です。
遺言書は絶対の効力をもっているため、だれもが従うことになります。
遠い親戚などともめ事がおこりそうな場合には事前に遺言書を準備してもらうよう相談することが無難です。