遺産相続の放棄とメリットについて

相続放棄という選択肢

滋賀県野洲市御上神社手洗い場と緑地遺産の相続放棄が認められると、法律的には「相続人ではない」とされます。遺産相続は、プラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産もすべて受け継ぐことになりますので、相続放棄の手続きを行うことによって、借金の支払い義務はなくなります。相続放棄の手続きは、家庭裁判所で行うようになります。ここでは、相続放棄の手続きの流れについて、ご紹介します。

相続放棄という手続き

 相続放棄は、相続することを知ってから、3カ月以内に家庭裁判所に届出を出さなければいけません。つまり、相続を知ってから3カ月を過ぎてしまうと、相続放棄はできなくなるということです。相続放棄の手続きに必要な書類は、一般的には、家庭裁判所に備えつけてある「相続放棄申述書」・収入印紙800円・被相続人の戸籍謄本・被相続人の住民票除籍・申立人の戸籍謄本・申立人の住民票・予納切手となります。ただし、必要書類は裁判所によって異なりますので、申立前に裁判所で確認するようにしましょう。

手続き自体は個人でも十分可能です

 必要書類を揃えたら、被相続人が亡くなった時点の住所の管轄となる家庭裁判所に提出します。数週間後に裁判所から、申立の内容再確認の文書が届きますので、文書に記載されているいくつかの質問に回答し、署名押印をして裁判所に返送します。返送された回答内容をみて、裁判所が問題なしと判断すれば、「相続放棄申述受理通知」が数週間後に郵送されてきます。以上が、相続放棄の手続きの流れとなります。

相続のマイナス要素があるときに放棄が検討されます

 遺産相続の放棄を選択される方の理由としては、マイナスの財産が明らかに多い場合や、相続争いなどに巻きこまれたくないといった理由が挙げられます。また、3カ月以内に相続放棄をするかどうか決められない特別の事情がある場合には、家庭裁判所に「相続放棄のための申述期間延長」を申請することによって、延長が認められる場合もあります。